芝浦工業大学の特徴

授業に出てもしわからないことがあれば、そこから先の内容が理解できずに勉強から脱落してしまう恐れもあります。ですから授業でわからないことがあれば、そこをしっかり理解する必要があります。授業の中で質問して理解を深めることも必要ですが、ほかにも生徒がいると何度も質問できないという人もいるでしょう。芝浦工業大学では、授業でわからないことがあってもしっかりしたサポートを実施しています。ですから勉強で脱落する生徒は多くないです。

芝浦工業大学には、学習サポート室という施設を用意しています。学習サポート室では、教員や大学院生が常駐しています。そしてわからないことがあれば、彼らに質問できます。大学院生や教員は何度でも丁寧に説明してくれるのでわからないところを解決しながら、着実に学習を進められます。

さらに芝浦工業大学では、学科ごとにクラス担任や就職担当のスタッフがついてくれます。勉強はもちろんのこと卒業後の就職面の相談まで受け付けてくれます。学生と親身に教員がかかわってくれるので、キャンパスライフにおける悩み事なども気軽に相談できます。時代に即したカリキュラムを提供していて、高度な専門知識とスキルを持ったエンジニアの育成を行っています。

日本工業大学の特徴

日本工業大学は、現在一般の間でも高い関心のある絵子を重視した大学として有名です。平成13年には国際環境規格のISO14001の認証取得を果たしています。また平成27年度エネルギー管理優良事業者等関東経済産業局長表彰を受賞しています。さらにサステイナブルキャンパス評価2016年ゴールド認定も獲得していて、環境問題に重点的に取り組んでいます。もし環境について本格的に学びたければ、日本工業大学も有力な候補の一つです。

工業大学を卒業したら就職しようと思っている人も多いでしょう。日本工業大学は、就職に強みを持っているのも特徴の一つです。就職率が高い状態で推移しているのは、就職支援を幅広く行っているからです。学内の就職支援行事を充実させていますし、学内合同企業説明会も実施しています。この企業説明会を通して、学生の4割が就職先を決めているという話もあります。

また日本工業大学では、個人相談に力を入れています。履歴書やエントリーシートの書き方、必要に応じた添削、面接対策など幅広く就職に関するアドバイスを行っています。また就職活動をする中で、悩みや迷いの出てくる可能性もあります。このような相談にも乗ってくれるので、しっかりした就活ができるでしょう。

工業大学に通おう

高校生などで大学への進学を検討している、でも具体的にどの大学を受験すればいいか迷っている人もいるでしょう。まずは理系と文系、どちらに進むべきかを決める必要があります。その上でもし理系の大学に進学したいと思うのであれば、工業大学に進学するのも一つの方法です。工科系の学部に特化した教育機関で、しっかり工学系の技術や知識について学びたいのであれば工業大学への進学を検討するのも一つの方法です。

工業大学のいいところは、狭く深く勉強できるところです。総合大学の場合、学部は充実していますが広く浅くなってしまう傾向があります。工業大学の場合、総合大学の工学部と比較してより深く勉強できる教育機関が多いです。例えば実践的な教育に力を入れているところも多いです。一般企業と提携していて、会社の工場や研究所に行って実習を受けられるカリキュラムを用意している工業大学も少なくありません。大学を卒業するころには即戦力の人材になっていたいと思うのであれば、工業大学への進学を検討すべきです。また自習できるような施設も充実していて、自分のやりたい勉強や研究ができます。

工業大学に進学しようと思ったのであれば、今度は具体的にどの大学を受験するか決める必要があります。日本全国に工業大学があって、施設や学科などで特色を出しているところも多いです。ここでは日本に数ある工業大学の中でも、日本工業大学と芝浦工業大学、第一工業大学の特徴について紹介します。